投与の仕方は?|犬をフィラリア症から守るならレボリューション

犬をフィラリア症から守るならレボリューション

投与の仕方は?

大きな薬

フィラリア症は、予防薬を適切な分量を適切に投与することで確実に予防することのできる病気です。そのため、フィラリア予防の方法や医薬品の種類などを知っておく必要があるのではないでしょうか。犬や猫によって対象商品が違いますし、間違った医薬品選びをしていると確実に予防することができません。しっかりと予防方法を知っておく必要があるのではないでしょうか。まず、フィラリア予防の方法としては大きく分けて3種類あります。注射タイプ・スポットタイプ・チュアブルタイプの3種類です。最も確実で信頼性のある方法は注射タイプでしょう。注射タイプは、年に一度、病院へ犬や猫を連れていき、注射を病院でうってもらうだけで予防をすることができるので、投与し忘れる心配もなく、確実に予防できるほうほうとなっています。ただ、料金は高いですし、副作用を引き起こしたケースの多い犬種もいます。相性などもあるので、医師と相談をしながら決めていきましょう。注射の他に、チュアブルタイプというものがあります。このタイプは、口から投与する方法なので、一番安全な方法だと言われていますが、薬の嫌いな犬や猫にとっては苦痛ですよね。飼い主の見ていないところで吐き出してしまう子もいるので、注意が必要ですが、最近では飲みやすく改善されたものも多いので、喜んで食べる子も多くなっています。ただ、薬が嫌いな犬や猫もいるので、嫌がる場合は、スポットタイプのものを使用するといいでしょう。フィラリア予防薬として人気の高いレボリューションはこのスポットタイプにあたります。液体を垂らすだけで投与できてしまうので、犬や猫が嫌がることがなく投与することができます。どの犬や猫でも嫌がらずに投与できるので、人気のある医薬品となっています。このスポットタイプとチュアブルタイプは、毎月1回投与する方法となっているので、投与し忘れのないように注意が必要です。

↑ PAGE TOP